園のご案内

キッドスクールは、キリスト教精神に基づく情操教育を行う幼児教育施設です。
神と人とに愛され社会と人々に奉仕できる人間となることを願い、
個別活動を中心に礼拝、遊び、音楽、創作活動を縦割り少人数制で行っています。

園の特色

モンテッソーリ教育

日常生活の指導を重視し、教具・教材を通して自発的選択による作業を個人指導します。子どもの自由な発想と動きを見守り、個々の成長に合わせた援助を行うことで一人ひとりが生まれながらに持つ生きる力を育てます。

画像情報
画像情報
画像情報
画像情報

縦割り保育

心身の発達段階や個人差を大切にしていく中で、相互に幅広い生きた刺激を与え合い、共に尊敬の心や愛の心を育てていきます。

強いからだと心を育てるカリキュラム

身体の基本をつくる大切な幼児期。健康な体に健康な心が宿り、知育の可能性につながります。室内ではリズム運動などの体育遊び、戸外では散歩などで楽しく身体をうごかし体力づくりを行います。

画像情報
画像情報

教育方針

 

画像情報

キリスト教精神による愛の教育

画像情報

ひとりひとりが輝く教育

画像情報

親子共に育つ教育

画像情報

地域と共に歩む教育

ごあいさつ

聖救主教会を囲んで、キッドスクール・まこと保育園・ライト学童保育クラブ・深川愛の園と、まこと地域総合センターには様々な施設があります。0歳から104歳までの利用者が約500名、職員が約170名の大きな家族に私たちは繋がっています。「お年寄りと子どもが一緒にいられたらいいね」の計画が実現して19年目の今年はキッドスクールにとって40年目になります。ここに集った方々が創り上げて下さった事に深く感謝します。子どもが少なくなり、子どもに干渉し過ぎ、やらせ過ぎの時代ですが、子どもを知り、子どもと共に大人たちも育っていきましょう。子ども集団の中で子ども自ら育つ力を発揮させましょう。キリスト教の価値観は自らが育つ力をそれぞれ持っていることです。違う力の持ち主が助け合い育ち合うという事です。モンテッソーリ教育の「ひとりで出来るように手伝ってね!」の子どもの声に耳を傾け、楽しい毎日にしていきましょう。みなさまもお仲間になりませんか。

代表写真

園長 宮本恭子

キッドスクールの歩み

キッドスクールの歩み

聖救主教会キッドスクールは1978年4月に日本聖公会 聖救主教会が経営する公益事業として、従来の幼稚園、保育所の枠を超えた理想の幼児教育を目指して誕生しました。以前より、聖救主教会は地域の子供たちのための教育での働き、地域への貢献を重視した宣教奉仕を行ってきました。その一環として1968年に木場で働く青少年のために「勤労青少年センター」を開設。その後の社会状況の変化の中で1978年には「キッドスクール」を含めた「まこと地域センター」が生まれました。現在は新しい複合施設として聖救主教会をベースに「特別養護老人ホーム 深川愛の園」「まこと保育園」「ライト学童保育クラブ」などの活動を展開しています。 キッドスクールもこの施設のメンバーとして1999年度から新園舎に移り、子ども達の成長を見守り続けています。

日本聖公会について

聖公会は英国国教会から生まれ世界各国に組織されているキリスト教会です。1859年に来日した二人の米国人宣教師が伝えた信仰により、1887年に日本聖公会が創設されました。日本各地の教会、立教大学などの諸学校、聖路加国際病院をはじめとする病院や福祉施設を通して社会と関わりキリストの愛を伝えることを大切にしています。日本聖公会 東京教区のホームページはこちら

PTAについて

PTA

キッドスクールには、子どもの健やかな成長と平和な世界を願い、父母と教職員がそれぞれの立場で協力しあうPTAがあります。子どもとともに大人が成長することが大切です。 園と家庭とのつながり、会員相互の親睦と学習、園行事への協力等の活動を通し、自己充実に励みましょう。現在PTAには13名の役員(ほか会計幹事2名)と5つの委員会があり、全員が役員または委員会に所属し活動しています。主な行事協力としては、バザー・運動会の準備と運営、クッキングディのお母さん先生、クリスマス祝会のお手伝い、赤い羽根共同募金(園児補佐)、教会ホールのお掃除などがあります。そのほか必要時にボランティアを募集いたします。みなさまのご理解とご協力により、親子共々に育つ「共育」をめざし、PTA会員同士や園とのよい関係を作っていきます。

関連施設・関連団体

聖救主教会
日本聖公会 東京教区
社会福祉法人 聖救主福祉会 深川愛の園
聖救主教会 こひつじの会(日曜学校)
まこと保育園
ライト学童保育クラブ

TOP